トイレつまりの原因は?それぞれに合わせた対応が必要です!


大量のトイレットペーパーはつまりの原因になります!

トイレのつまりには様々な原因が考えられますが、特にトイレットペーパーを一度に大量に流した場合に発生することが多いようです。トイレットペーパーはトイレに流すことを前提として水に溶ける素材から作られていますが、だからといってまとめて流して良いわけではないのです。一度に流せる量には一定の限度がありますので、トイレットペーパーを多めに使いたい場合には少量ずつこまめに流すことを心がけてください。その他のつまりの原因としては、異物を流してしまうことがあげられます。水に溶けないティッシュペーパーやお掃除シートはつまりの原因になりますし、ボールペンや携帯電話を誤って便器の中に落としてしまった場合にも同様です。その他にはおむつや生理用品、猫の砂などについても注意が必要になります。

自分での対応が難しい場合には業者に依頼しましょう!

トイレのつまりの原因が異物で、さらに排水口に近い場所につまっている場合には、自分で対応できることがあります。使用するのは柄の先にゴムがついたラバーカップ(スッポン)で、これを排水口に押し当てて空気を抜き出してから、ゆっくりと引っ張って異物を取り出すのです。ラバーカップのゴムを排水口にしっかりと密着させると、空気が排出されて内部が真空状態に近づきます。その状態でラバーカップを引っ張ることにより、圧力の働きで異物を引き抜くことができるのです。ただしつまりの箇所が深い場所の場合には、自分での対応は難しくなります。無理をせず専門の業者に修理を依頼するようにしましょう。修理業者の多くでは作業を始める前に費用の見積もりを提示しますし、単純なつまりであれば出張費込みで1万円前後が費用の相場となることが多いようです。

トイレのつまりは、自分で直せればいいですが業者に頼んだら思ったよりも高くつきます。詰まらせない方法はずばりトイレットペーパー以外は流さない事。一度に大量の物を流さない事。これしかないです。

You may also like...