CADで簡単に修正可能!!過去データも簡単に保存!!


CADなら製図を簡単に修正できる

物作りをするときには設計図が必要で、正式な設計図ができるまでには何度も見直ししないといけません。設計は色々な仕様や要望などによって決まっていきますが、必ずしも最初から最終的に決まる設計図が出されるわけではなく、問題点が見つかるたびに修正をしてやっと完成します。紙に鉛筆などで描いて作成する方法だと修正の度に消す必要があり、時には消してはいけない部分を消すなどの問題もありました。CADはコンピュータ上で設計図が作成できる仕組みで、簡単に修正できるのがメリットと言えるでしょう。単純な画像ソフトだと一度描いた線を消すのに少しずつ消すなどが必要ですが、CADならある線のどこからどこまでを消すかを指定して必要な部分のみ消す作業も可能です。

修正前情報を容易に保存できる

コンピュータが無い時代の製図は紙に鉛筆で描いて作成するしかなく、描き直すときは消しゴムを使います。修正があるたびに描き直しをすればいいのでしょうが、修正前の情報が残しにくい問題がありました。どうしても残したいときはコピーをする必要がありましたが、事情によってコピーを原本にするときは消しゴムでは消せず修正液を使うなどが必要でした。コンピュータの登場で製図を専門的に行えるCADで作成でき、いろいろな時点のデータを容易に残せるようになりました。修正後の情報も修正前の情報も同じ状態で残せるので、修正前の情報を使うようになっても修正後の情報同様に使えます。修正情報が残しやすいので、修正経過を見るのにも役立てられるでしょう。

電気CADは、電気設計において多角的なサポートやバックアップをしてくれるアイテムです。あらゆる機能が備わっているので、積極的に活用することで設計の可能性が広がります。

You may also like...