どんな方法がある?LED照明をより長く使うためのポイント


LED照明の寿命を縮めてしまう状態異常

LED照明は従来の照明よりも省エネで寿命が長持ちするのが特徴です。しかし、間違った使い方をしてしまうと寿命が短くなってしまうケースもあります。

中でも特に気を付けなくてはいけないのが高温の状態です。LED温度が高い状態のまま使用を続けていると劣化を早めてしまうと言われています。使用する環境によって若干の違いはありますが、温度の上昇に比例する形で熱の放射量が低下すると考えられていて、高温状態になると使用後に冷却状態に戻しても放射量は戻らなくなってしまうので注意が必要です。

発熱を防いで寿命を長くするポイント

前述したようにLEDを使用する場合には。温度の上昇を防ぐことが必要不可欠となります。とはいえ性質上、使用に伴う発熱は避けることはできません。

そこでお勧めとなる対策が、調光の調節です。照明を使用する時に発する調光が強くなるほど発熱率が高くなってしまうので、状況に応じてボリュームを調節して最低限に留めておくことが大切になります。このボリュームの調節は、発熱を抑えると同時に省エネによる光熱費の節約にも繋がるので、意識的に行うことを忘れてはいけません。

送風や熱伝導性の高い物を使用する

発熱による温度の上昇を抑える上で、有効な手段となるのが送風です。これは文字通り照明に冷風を当てて温度を下げる方法になります。高熱状態になってしまうとそれほど高い効果は期待できませんが、使い始めの段階で行っておけば効果的です。

そのほか、ブラケットなど熱伝導率の高い物を利用して熱を逃がす方法もあります。

LEDライトパネルは明度が高い照明で広告を照らすので目立ちやすく、効果的な宣伝を期待出来ます。技術の発達によって動画の再生機能も搭載され、より目立つ宣伝が出来るのが大きな利点です。

You may also like...